返礼品掲載数No.1 ふるさと納税情報サイト
「au wowma!ふるさと納税」の解説

ふるさと納税サイト「Wowma!ふるさと納税」の特徴やメリットデメリットとは?

au Wowma!ふるさと納税は、KDDI株式会社が運営するふるさと納税サイトです。KDDIが運営しているため、auユーザーにとっては非常にメリットのあるふるさと納税サイトとなっています。今回は、au Wowma!ふるさと納税のメリットとデメリットについて解説していきます。

au Wowma!ふるさと納税に関する完全ガイドはこちらを御覧ください。

「au Wowma! ふるさと納税」を徹底解説!使い方や特徴メリットデメリットを総まとめ「au Wowma! ふるさと納税」KDDIが運営するECショッピングモールの中で展開されているふるさと納税サイトです「au Wowma! ふるさと納税」の使い方や会員登録のやり方。メリット・デメリットや口コミまで徹底解説していきます。...

ふるさと納税サイト「au Wowma!ふるさと納税」とは?

Wowma!ふるさと納税は、Wowma!というKDDIが運営するショッピングモール内の「ふるさと納税特設コーナー」のことです。同様の仕組みは楽天市場内に存在する「楽天ふるさと納税」があります。

Wowma!はもともとは「auショッピングモール」という名前で運営されていましたが、2017年1月30日をもって、「Wowma!」に名称変更となりました。

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の特徴は?

  • サイト名 Wowma!ふるさと納税
  • 運営会社 KDDI株式会社
  • 掲載返礼品数:19,650件

(2019/07/18時点)

Wowma!ふるさと納税の一番の特徴はやはり、auユーザーとの相性の良さでしょう。会員登録が簡単だったり、auポイントを使ったりすることができます。

一方、ふるさと納税サイトとしては最後発に近く、掲載品返礼数はかなり少なく、auユーザー以外にとっては魅力はあまり多くないかもしれません。

ふるさと納税サイト「Wowma!ふるさと納税」の3つのメリット

ふるさと納税サイトにはさまざまな種類がありますが、その中で「Wowma!ふるさと納税」を利用するメリットを3つご紹介します。

メリット1、「Wowma!ふるさと納税」はauユーザーは簡単に寄付できる

ふるさと納税サイトを利用する際に、やはり面倒くさいのが様々な個人情報の入力ですよね。名前や住所の登録だけでなく、返礼品の送付先であったり、様々な個人情報の入力が必要になります。(しかも、誤って登録すると、寄附金控除の対象になりません!)

auユーザーはau IDを使用することで、会員情報をほぼ全て自動で正確に入力することができます。これは「ぱぱっとふるさと納税を終わらせたい」人にとっては大きなメリットです。

メリット2、「Wowma!ふるさと納税」はauかんたん払いが使える

簡単なのは会員登録だけではありません。auかんたん払い(キャリア決済)を利用することで、毎月のauの携帯電話代と合算請求をすることができます。

クレジットカードを持っていない人も安心して寄附することができますし、面倒な入力が一切ないのが大きなメリットです。メリット①と合わせて、やはり「簡単に寄付できる」ことがWowma!ふるさと納税のメリットですね。

メリット3、「Wowma!ふるさと納税」はauポイントが使える

auユーザーは毎月の携帯電話代の支払い等でauポイントが貯まっていると思います。これを使うことができるのが、Wowma!ふるさと納税のメリットです。

例えば、1000円分のauポイントが貯まっている場合、1万円寄附を行い返礼品を貰ったとしても、支払いは9000円だけで済みます。

この際に気になるのが、寄付金控除枠の使用分が「9000円」なのか「1万円」なのかということですよね。これは結論から言うとしっかり「1万円」になりますのでご安心ください。

ふるさと納税サイト「Wowma!ふるさと納税」のデメリット

ふるさと納税サイトにはさまざまな種類がありますが、その中で「Wowma!ふるさと納税」を利用するデメリットをご紹介します。

デリット1、「Wowma!ふるさと納税」はポイント還元がない

auポイントを「使う」ことができるのがメリットだと書きましたが、寄付金の支払いで「貯める」ことはできないのが最大のデメリットです。

Wowma!では、ポイントが最大15倍になるプログラムが常時開催されていたり、期間限定で最大25倍になるキャンペーンがあったりします。しかしどちらも、「Wowma!ふるさと納税」は対象外であることが記載されています。

同様の仕組みである「楽天ふるさと納税」では、通常の楽天市場と同様のポイントが貯まるにもかかわらず、これは大きなデメリットとなっています。

デメリット2、「Wowma!ふるさと納税」は返礼品掲載数が少ない

返礼品掲載数は2019/07/18時点で19,650件とかなり少ないです。まだまだ掲載自治体数自体が多くないので、他サイトでは掲載されている魅力的な返礼品が無いという場合が散見されます。

「Wowma!ふるさと納税」の特徴とメリットデメリットのまとめ

「Wowma!」はふるさと納税初心者のau携帯利用者にとっては、簡単にふるさと納税を行うことができるサイトとして魅力的です。また、普段の携帯電話代の支払いで貯まっているauポイントを使うことができるのも魅力です。

その一方、au携帯を利用していない人にとっては、あまり利用するメリットは大きくないかもしれません。その場合は、楽天ふるさと納税のほうが良いですね。

ABOUT ME
執筆者紹介/ふるさと納税専門家 飛田啓介
2013年からふるさと納税を行っているふるさと納税マニア。ふるさと納税紹介サイトを複数使い分け、最もグラム数の多い返礼品を探すのが趣味。結婚後は妻だけでなく、妻の両親のふるさと納税手続きも代行している。 ふるさと納税に関する正しくお得な情報を発信するため、「ふるさと納税ガイド」に掲載されている40万件の返礼品情報を元に日々研究中。