返礼品掲載数No.1 ふるさと納税の比較サイト
※返礼品掲載数:1,848,912件(2022年7月4日時点)

ふるさと納税でもらえる鶏の種類分け

食用として流通している鶏は大きく分けると次の3種類に分類されます。

ブロイラー

全国で流通している99%以上はこのブロイラーです。生後40日から50日で非常に大きく成長して出荷されるので「若鶏」という呼称です。

地鶏

地鶏とは明治時代までに日本に定着した38種の在来種の血糖が50%以上であり、指定された環境下で育てられた鶏のことを指します。「薩摩鶏」「比内鶏」「軍鶏」などが地鶏にあたります。地鶏の流通量は全体の1%以下であり、大変希少なものとなっています。

銘柄鶏

銘柄鶏とは、こだわりの飼育方法で育てられ、「●●鶏」という特別な名称がついているブランド鶏のことを指します。

ふるさと納税でもらえる鶏の部位別の特徴まとめ

鶏肉の手羽先

コラーゲンを多く含み、コクのある脂質が特徴です。焼いたり煮たり、揚げたりなど、豊富な調理方法があります。

鶏肉の手羽元

柔らかい肉質とほどよい脂質が特徴です。モモと並んで唐揚げによく使われます。

鶏肉のモモ

ジューシーな脂質が一番の特徴です。唐揚げに使われる代表的な鶏の部位ですが、焼き鳥ソテーなどにも使われます。

鶏肉のムネ

高タンパク低脂質の部位であり、あっさりとした味です。中華料理にもよく使われます。

鶏肉のササミ

高タンパク低脂質であり、アスリートにも好まれる部位です。蒸して割いたものがサラダによく使われます。