返礼品掲載数No.1 ふるさと納税情報サイト

ビール | ふるさと納税の返礼品おすすめランキングTOP10【2月26日更新】

9つのふるさと納税紹介サイトに掲載されているビールの返礼品1,517件を比較したおすすめランキングです。(2月26日更新)
ふるさと納税のビールは王道のスーパードライやキリンビールやサッポロビールが人気なのはもちろん、「作州津山ビール」のような地ビールがランクインすることもあります。

日本のビールの主要5大銘柄を徹底比較

ふるさと納税でビールを選ばれる方も多いかと思います。特に晩酌を行う人にとっては必需品とも言えるビールをふるさと納税の返礼品として受け取れるのはとても嬉しいですよね。また、普段は発泡酒を購入することが多いという方も、折角の機会にはビールを選びたいという人も多いのではないでしょうか。

日本のビール5大銘柄といえば、「アサヒ」「キリン」「サッポロ」「サントリー」「エビス」です。スーパーやコンビニでは間違いなく取り扱いのある銘柄ですが、それぞれ異なる特徴を持っています。

それぞれのビールの特徴をしっかりと理解することで、ふるさと納税の返礼品選びに活かしてみてはいかがでしょうか。

クリアな辛口が自慢の「アサヒビール」

アサヒビールは1987年に日本初の「辛口ビール」として誕生しました。「辛口」といっても唐辛子やわさびのような辛口とは全く異なり、「甘みを抑えている」という意味です。英語圏では「DRY(ドライ)」と表現します。

キレやのどごしを重視した爽快感のあるビールで非常に人気の高いビールですが、特に夏場のバーベキューなどには最高の相性だと言えるでしょう。2011年には「BIIA」と呼ばれるビール業界の名誉ある賞で金賞を受賞している世界にも認められたジャパンビールの代表格です。

また、現在日本のビールシェアNo.1のブランドとなっており多くの人に愛されるビールでもあります。そのため、贈答用にも最適です。

【アサヒビールをオススメしたい人】

  • のどごしを重視する人
  • 風呂上がりや屋外など、喉がカラカラの時にビールを飲むのが好きな人
  • 2杯目以降もずっとビールという人

【アサヒビールをオススメできない人】

  • ビールの苦味が苦手で、甘みが欲しい人
  • 鼻に抜ける芳醇な香りを求める人
  • ビールのコクを味わいたい人

ホップの苦味が特徴のラガービールが自慢の「キリンビール」

ビールの原料となるホップや麦汁の苦味をダイレクトに楽しみたい方にオススメなのがキリンビールです。一番搾り麦汁のみを使用することにこだわった「キリン一番搾り生ビール」を始めとし、原材料の旨味をダイレクトに表現する工夫が随所にされています。

また、現在は日本国内におけるシェア第2位のブランドですが、2001年以前はずっと1位を守り続けてきた日本を代表するブランドビールです。そのため、年配の方にはキリンビールしか飲まないという方も多くいらっしゃいます。そのため、実家に帰る際のお土産などにも最適なのではないでしょうか。

【キリンビールをオススメしたい人】

  • ラガービールが好きな人
  • 苦味のあるビールと一緒に料理を楽しみたい人

【キリンビールをオススメできない人】

  • ラガービール独特の苦味が苦手な人

原材料にこだわったバランスNo.1の「サッポロビール」

ビールの「キレ」「コク」「苦味」のバランスがとれた完成度の高いビールです。ビールの原材料となるホップや大麦を生産者と共にイチから栽培するなど、原材料に対するこだわりが非常に強いメーカーでもあります。

【サッポロビールをオススメしたい人】

  • 「キレ」と「コク」をどちらも楽しみたい人
  • どんなシチュエーションでも合う万能なビールを手に入れたい人

【サッポロビールをオススメできない人】

  • 強い「キレ」や「苦味」を求める人

華やかなホップの香りのプレミアム「サントリービール」

サントリーといえばプレミアムモルツ、通称「プレモル」をイメージする方が多いのではないでしょうか。注ぐだけで香ってくるほどの強いホップの芳醇な香りが最大の特徴のビールです。また、甘みを感じられるビールでもあるため女性にも強い人気のあるビールです。

【サントリービールをオススメしたい人】

  • 芳醇な香りを楽しみたい人
  • ビールの苦味が苦手な人

【サントリービールをオススメできない人】

  • 強い苦味やキレを求める人

強いコクが特徴のビール通もうなる「エビスビール」

ホップの強い香りと、ビールとしての苦味を両立させていることが特徴のプレミアムビールです。5大ビールの中でも市場流通価格が最も高いこともあり、「高級ビール」として認知されているため、贈答品としてもピッタリの品であると言えるでしょう。

【エビスビールをオススメしたい人】

  • 香りと苦味をどちらも楽しみたい人
  • 高級感のあるビールを飲みたい人

【エビスビールをオススメできない人】

  • 強いキレを求める人

ふるさと納税のビールが減ってしまった理由は?

2019年6月の制度改正により、ふるさと納税の返礼品について「地場産品に限る」というルールが徹底されることになりました。これはビールの返礼品についても同様に適用されるルールです。

ふるさと納税でビールを取り扱いできる条件は?

日本中で生産・販売・消費されているビールの場合、どの自治体の「地場産品」となるのでしょうか。ビールの主要5社の結果を見ると、「生産工場がある自治体」のみが返礼品として取り扱いできるというルールで運用されています。

アサヒビールをふるさと納税の返礼品として取り扱う自治体

アサヒビールを取り扱うのは、「神奈川工場」がある神奈川県南足柄市や「四国工場」がある愛媛県西条市などです。

キリンビールをふるさと納税の返礼品として取り扱う自治体

キリンビールを取り扱うのは、「福岡工場」がある福岡県朝倉市や「北海道千歳工場」がある北海道千歳市などです。

サッポロビールをふるさと納税の返礼品として取り扱う自治体

サッポロビールを取り扱うのは、「北海道工場」がある北海道恵庭市や「静岡工場」がある静岡県焼津市などです。

サントリービールをふるさと納税の返礼品として取り扱う自治体

サントリービールを取り扱うのは、「熊本・阿蘇ブルワリー」がある熊本県嘉島町や、「東京・武蔵野ブルワリー」がある東京都府中市などです。

エビスビールをふるさと納税の返礼品として取り扱う自治体

エビスビールを取り扱うのは、「仙台工場」がある宮城県名取市や「九州日田工場」がある大分県日田市などです。