返礼品掲載数No.1 ふるさと納税情報サイト
掲載件数:249,186件

【税理士監修】ふるさと納税 控除限度額計算シミュレーション

ふるさと納税は、控除上限額内の寄付であれば、寄付合計額から2,000円を差し引いた分が所得税や住民税から還付・控除を受けられます。
控除上限額は家族構成や給与収入により金額が変動しますので、シミュレーションを活用して自分の控除上限額の目安を確認してみましょう。

希望の返礼品カテゴリを入力頂くと、お勧めの返礼品が金額帯別に表示されますので是非そちらもご活用ください。

※本ぺージは、加藤税理士・公認会計士事務所の監修のもと作成しております。

最短2クリックで目安がすぐわかります!

家族構成や収入の他、保険料や住宅ローン控除などの情報を入力いただき 詳細な控除の上限額を計算できます!

※シミュレーションについての詳しい解説や控除上限額計算表はこちらを参照ください

簡単シミュレーション

「あなたの給与収入」と「家族構成」を選択すると、自己負担額の2,000円を除いた全額が控除される「ふるさと納税額の目安」を確認できます。

出典:総務省 ふるさと納税ポータルサイト

あなたの情報

あなたの給与収入
家族構成
希望の返礼品の種類
指定されたカテゴリーの中から、シミュレーションの控除限度額内で寄付ができる人気の返礼品をお勧めさせて頂きます。
閉じる
任意
カテゴリーを選択する
閉じる

※入力頂いた情報をサイト内で発信するコンテンツ作成のために加工して利用する場合があります。予めご了承ください。

シミュレーション結果

実質負担2,000円で行える寄付上限額の目安は ---- です。

※表示される金額はあくまで目安です。計算結果につきまして、何らかのトラブルや損失・損害等が発生したとしても一切の保証をいたしかねます。
※寄付金控除で所得税率が変動した場合、自己負担額が2,000円で済まない場合があります。
※実際の控除上限額は、今年の収入・所得・控除によって算出されます。 詳細は税理士など専門家にご相談ください。
※その他免責事項はこちらをご覧ください

詳細シミュレーション

あなたやご家族の詳細な情報や、社会保険料控除、生命保険料控除、医療費控除、住宅ローン控除などの情報をご入力頂くことで、 ふるさと納税で控除される金額の目安を詳細に計算します。 可能であれば「源泉徴収票」または「確定申告書の控え」をご用意ください。

※このシミュレーションは給与収入のみの方用です。
※入力式の項目について分からない場合は0を記載ください。

あなたの情報

給与収入額
額面の給与額です。ご自身の源泉徴収票の「支払金額」を参照下さい
閉じる
必須
社会保険料等の金額
源泉徴収票の「社会保険料等の金額」を参照ください
※含まれる内容の詳細は国税庁のHPをご確認ください
閉じる
必須
生命保険料の控除額
源泉徴収票の「生命保険料の金額」を参照ください
閉じる
必須
地震保険料の控除額
源泉徴収票の「地震保険料の金額」を参照ください
閉じる
必須
小規模企業共済等掛金控除
(iDeCo含む)
小規模企業共済法に規定する共済契約の掛金と確定拠出年金法に規定する個人型年金の加入者掛金、及び心身障害者扶養共済制度の掛金は全額控除対象となります
閉じる
任意
希望の返礼品の種類
指定されたカテゴリーの中から、シミュレーションの控除限度額内で寄付ができる人気の返礼品をお勧めさせて頂きます。
閉じる
任意
カテゴリーを選択する
閉じる
住宅ローンや医療費について
住宅ローンや医療費の控除がある場合は各項目にご入力下さい。ない場合は空欄のままで結果を確認下さい
住宅借入金等特別控除額有無
※対象物件の居住開始日が含まれる期間を選んでください。
年末調整に住宅借入金等特別控除が適用されている場合は、源泉徴収票にも記載されています
閉じる
任意
住宅借入金等特別控除金額
源泉徴収票の「住宅借入金等特別控除」を参照ください
閉じる
任意
医療費控除額
実際にかかった医療費ではなく、控除される金額を入力してください。
閉じる
任意
勤労学生と寡婦について
勤労学生や寡婦/寡夫に該当する場合は各項目をご選択下さい。ない場合は空欄のままで結果を確認下さい
勤労学生に該当するか
詳しくはこちらを参照ください
閉じる
任意
寡婦または寡夫に該当するか
詳しくはこちらを参照ください
閉じる
任意
配偶者と扶養家族について
配偶者や16歳以上の扶養家族がいる場合は各項目にご入力下さい。ない場合は空欄のままで結果を確認下さい

配偶者について

控除対象配偶者の有無
詳しくはこちらを参照ください
閉じる
任意
配偶者の給与収入額
額面の給与額です。配偶者の方の源泉徴収票の「支払金額」を参照下さい
閉じる
任意

扶養家族について

※配偶者は配偶者控除が適用されるため、扶養家族には含みません。
16~18歳 任意
19~22歳 任意
23~69歳 任意
70歳以上(同居の親・祖父母) 任意
70歳以上(上記以外) 任意
ご自身含めたご家族について
障害者や特別障害者に該当する方がいる場合は各項目にご入力下さい。該当者がいない場合は空欄のままで結果を確認下さい
障害者の人数
詳しくはこちらを参照ください
閉じる
任意
上記のうち特別障害者の人数 任意
上記のうち同居特別障害者の人数 任意

※入力頂いた情報をサイト内で発信するコンテンツ作成のために加工して利用する場合があります。予めご了承ください。

シミュレーション結果

実質負担2,000円で行える寄付上限額の目安は ---- です。

※表示される金額はあくまで目安です。計算結果につきまして、何らかのトラブルや損失・損害等が発生したとしても一切の保証をいたしかねます。
※実際の控除上限額は、今年(ふるさと納税を行う)の収入・所得・控除によって算出されます。
※寄付金控除で所得税率が変動した場合、自己負担額が2,000円で済まない場合があります。
※実際の寄付金額を入力していただき、所得税・住民税の税の控除額目安を必ずご確認ください。
※その他免責事項はこちらをご覧ください。

実際の税の控除額を計算

控除額の計算結果

あなたは所得税 ---- 住民税 ---- 軽減されます。
実質的な自己負担は2,000円となります。

※所得税の減額された分は、確定申告をすると自身の口座へ還付されます。
※ワンストップ特例を利用した場合は、所得税からの還付はなく、すべて住民税からの控除となります。
※住民税は控除を申請すると、翌年6月以降に納める税金について、本来の納税額より軽減されます。

※シミュレーションについての詳しい解説や控除上限額計算表はこちらを参照ください
<監修>加藤税理士・公認会計士事務所 http://kato-cpafirm.com/