返礼品掲載数No.1 ふるさと納税情報サイト

日本酒 | ふるさと納税の返礼品おすすめランキングTOP10【2月28日更新】

9つのふるさと納税紹介サイトに掲載されている日本酒の返礼品7,978件を比較したおすすめランキングです。(2月28日更新)
ふるさと納税の日本酒はお米の名産地である新潟や福島などの地酒が人気です。
久保田のような有名日本酒もランクイン常連です。

日本酒の分類について

日本酒には様々な分類があります。「純米大吟醸」「吟醸」などという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?ここでは複雑な日本酒の種別についてわかりやすく解説していきます。

日本酒の分類を理解するための基礎知識

精米歩合

日本酒は米を原材料としたお酒ですが、米は収穫された段階では「玄米」という状態です。玄米は中心部にある「胚乳」、胚乳にちょこんとついている「胚芽」、それらを覆う「糠」からできています。

玄米からから「糠」をとった状態を「胚芽米」、そこから更に胚芽をとった状態を「白米」と言います。多くの家庭で食べられているお米は、この白米です。

しかし、日本酒に使われる米は、この胚乳だけになった白米から、更に削っていきます。なぜなら、胚乳は外側ほどタンパク質や脂肪分が多く、これは日本酒を作った時に雑味の原因となってしまうからです。

この削りの割合を「精米歩合」と呼び、例えば精米歩合60%であれば、胚乳のうち40%を削り落とし、中心部の60%のみにした米のことを指します。精米歩合の数値が低いほど、洗練された味になりますが、捨てる部分多いため高級な日本酒となります。

醸造アルコールの添加

日本酒の多くは、醸造アルコールが添加されています。醸造アルコールと聞くと、なにか体に悪い科学的なものが添加されているように感じる人もいるかもしれませんが、そんな心配はありません。醸造アルコールを添加すると次のようなメリットがあります。

  • 防腐効果が上がる
  • 日本酒の香りを引き出す
  • まろやかで軽快な飲み口になる

特に、醸造アルコールにより引き立てられる香りは格別で、決して純米酒(醸造アルコールを添加していない日本酒)と比較して劣っているわけではありません。現に、醸造アルコールの添加をした高級日本酒は数多く存在します。

吟醸造り

吟醸造りとは、醪(もろみ)を低温で長時間かけて発酵させて作る、日本酒づくりの伝統的な、そして非常に手間のかかる製造手法です。吟醸造りによるフルーツの匂いを連想させる華やかな香りがあり、これを「吟醸香」と呼びます。

吟醸造りを用いて作られた日本酒は「吟醸酒」という名称が付きます。

日本酒部の分類早見表

日本酒の種別について表にすると次のようになります。

  醸造アルコール無(純米) 醸造アルコール有(アル添)
吟醸造り&
精米歩合50%以下
純米大吟醸酒 大吟醸酒
吟醸造り&
精米歩合60%以下
純米吟醸酒 吟醸酒
特別な製造方法または
精米歩合60%以下
特別純米酒 特別本醸造酒
それ以外 純米酒 本醸造酒(精米歩合70%以下)

純米大吟醸酒・純米吟醸酒

純米大吟醸酒と純米吟醸酒は、醸造アルコールを一切含んでおらず、吟醸造りで作られた日本酒です。純米大吟醸酒は精米歩合50%以下、純米吟醸酒は精米歩合60%以下となっています。

「純米」のために香りは抑えめ、「大吟醸」のために雑味の無いクリアな味わいが特徴です。

大吟醸酒・吟醸酒

大吟醸酒と吟醸酒は、醸造アルコールを含んだ、吟醸造りで作られた日本酒です。大吟醸酒は精米歩合50%以下、吟醸酒は精米歩合60%以下の酒米を利用して作られています。

醸造アルコールが添加されていることにより、華やかな吟醸香が楽しめる高級日本酒です。

特別純米酒・特別本醸造酒

「特別」については、実は明確な定義がありません。(特別とつけるか否かは、各酒蔵の判断に任されています。)

しかし、一般的には、酒蔵ごとに明確な意図を持って作られている日本酒となります。例えば、精米歩合が65%であっても、通常の「純米酒・本醸造酒」とは異なる独自の製法で手間ひまをかけている場合は「特別」として販売されているものがあります。

また、精米歩合が60%以内で吟醸造りで作られた、本来であれば「純米吟醸酒・吟醸酒」とも名乗ることができる日本酒であっても、吟醸香を売りにしないコンセプトで製造されている日本酒の場合は、そのイメージを避けるために「特別純米酒・特別本醸造酒」として名乗る場合もあります。

「特別」とついている日本酒を選ぶ場合は、何が「特別」なのかを理解した上で、それを楽しみながら飲むというのが、通な日本酒の楽しみ方と言えるでしょう。

純米酒・本醸造酒

上記のどれにも当てはまらない、一般的な日本酒のことを指します。流通量も多く値段も手頃のため、少ない寄附金額で量のある返礼品を選ぶことができるでしょう。