返礼品掲載数No.1 ふるさと納税情報サイト

ふるさと納税 焼酎・泡盛 ランキングTOP10

7つのふるさと納税サイトに掲載されている合計5,002件の焼酎・泡盛部門の返礼品の人気ランキングTOP10を発表します。(2019年9月17日更新)
1 みやこざくらと霧島赤黒 一升瓶4本セット
みやこざくらと霧島赤黒 一升瓶4本セット
寄付金額: 20,000

出典:ANAのふるさと納税

雄大な霧島連山に囲まれた宮崎県都城市から届けられるのは、みやこざくらと霧島赤黒一升瓶4本セットの逸品です。
都城市は霧島山麓で栽培されたサツマイモや地下水から汲み上げられる澄みきった水からつくられるお酒が有名で、全国第1位の焼酎出荷額となっています。
みやこざくらは3種類の芋焼酎のブレンドで、優しい甘さと旨みが美味しく絶妙な味わいが人気です。
黒霧島は黒麹ならではのトロッとした甘みとキリッとした後口が好評でしょう。
赤霧島は上品な香りと後ひく甘みが特徴です。
どれもご満足いただける焼酎を4本セットにしているお得感満載の品です。
飲みごたえがあり、安定した美味しさで、芋焼酎特有の臭いが気にならないのも嬉しいですね。
全文表示
詳しく見る
2 黒霧島パック20度1.8L×3本
黒霧島パック20度1.8L×3本
寄付金額: 17,000

出典:さとふる

「黒霧島パック(25度)1.8L×6本」は宮崎県都城市で作られている地酒でもあり、焼酎売上5年連続日本一の実績もあるため、お酒が好きな方におすすめの返礼品となっています。
「黒霧島パック(25度)1.8L×6本」は黒麹の醸すうまさとあまみもあるため、飲みやすくキリッとした後切れでもあるので、霧島酒造の90余年の永きに渡る伝統をしっかりと受け継いでいる焼酎となっています。
新しい価値のある焼酎としても注目をされているものとなっているため、確かな信頼もありつつ、多くの人たちに愛されている焼酎でもあり、おすすめの飲み方としてはストレート、ロック、お湯割、水割りなどが良いです。
全文表示
詳しく見る
3 黒霧島パック20度1.8L×3本
黒霧島パック20度1.8L×3本
寄付金額: 17,000

出典:さとふる

芋焼酎と言えば「黒キリ」、飲みやすいデイユース、食卓酒として定番のアルコール度20度仕様の1800mlパックの四本セットです。
1916年に霧島酒造創業者「江夏吉助」が黒麹を使って初めて作り上げた芋焼酎、これを現代の設備と技術で再現したものが黒霧島です。
100有余年いまもなお霧島酒造の顔として君臨する芋焼酎と言っていいでしょう。
20度の黒霧島は普段使いの一本としての認知度が高く、宮崎のみならず芋焼酎の認知度の高い九州では食卓にはかかせないものです。
黒麹の醸し出すトロッとした独特の甘味と後をひかないスッキリとしたキレ味は25度のものと同様です。
酒造推奨の飲み方はトロッとした飲み口がいきるオンザロック、穏やかな香りと芳醇な旨味と甘味を感じることができる飲み方です。
全文表示
詳しく見る
4 優咲と霧島赤・黒一升瓶4本セット
優咲と霧島赤・黒一升瓶4本セット
寄付金額: 20,000

出典:ANAのふるさと納税

名も無き百年蔵「大浦酒造」が醸し出す「優咲」と「霧島酒造」の人気の芋焼酎「赤霧島」、「黒霧島」のセットです。
「優咲」は先々代の社長から名前を取った芋焼酎で、「黄金千貫」というサツマイモを原料とし、昔ながらの手造り、甕壺仕込みで造られた芋焼酎です。
また、「赤キリ」の愛称でお馴染みの「赤霧島」は紫芋「ムラサキマサリ」が原料で、後を引くような甘みと気品高い香りが特徴です。
そして、「黒キリ」の愛称でお馴染みの「黒霧島」は、こちらも「黄金千貫」を原料としており、黒麹の醸すうまさはトロッとしたあまみ、キリッとした後切れに特徴があります。
「優咲」は1.8リットル瓶x1本、「赤霧島」は1.8リットル瓶x1本、「黒霧島」は1.8リットル瓶x2本の合計4本セットになっています。
全文表示
詳しく見る
5 奄美黒糖焼酎 「黒糖焼酎 奄美」と「黒糖焼酎 黒奄美」セット
奄美黒糖焼酎 「黒糖焼酎 奄美」と「黒糖焼酎 黒奄美」セット
寄付金額: 10,000

出典:楽天ふるさと納税

【商品説明】 奄美を代表する本格黒糖焼酎をセットにしました! 「黒糖焼酎 奄美」は黒糖焼酎独特の甘い香りとコクがあり、口当たりのすっきり感から、奄美を代表する人気の黒糖焼酎です。「黒糖焼酎 黒奄美」は黒麹仕込みで、黒糖の持つ本来の旨みと香りを最大限引き出した、まろやかな味わいの黒糖焼酎です。奄美を代表する本格黒糖焼酎の味をぜひご堪能下さい。 (※黒糖焼酎は低カロリー糖質ゼロでお勧めです!) 【名称】焼酎 【内容量】 黒糖焼酎「奄美」(アルコール度25度)1,800ml×1黒糖焼酎「黒奄美」(アルコール度25度)1,800ml×1 【原材料】黒糖、米麹 【保存方法】直射日光をさけて常温で保温 【賞味期限】開封後はお早めにお召し上がり下さい。 【製造者もしくは販売者】 奄美酒類株式会社 鹿児島県大島郡徳之島町亀津1194 【原産国】日本 ・ふるさと納税よくある質問はこちら ・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。  「ふるさと納税」寄付金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。 寄付を希望される皆さまの想いでお選びください。 (1) 特産品の研究開発に関する事業 (2) 高齢者・障がい者の健康増進・福祉に関する事業 (3) 徳之島の環境・保全に関する事業 (4) 伝統文化の保存・継承に関する事業 (5) 教育・文化・スポーツの振興に関する事業 (6) 観光及び定住促進に関する事業 (7) その他町長がふるさとづくりに必要と認める事業 特徴のご希望がなければ、町政全般に活用いたします。 入金確認後、注文内容確認画面の【注文者情報】に記載の住所にお送りいたします。 発送の時期は、寄附確認後2ヵ月以内を目途に、お礼の特産品とは別にお送りいたします。
全文表示
詳しく見る
6 三岳900ml6本セット
三岳900ml6本セット
寄付金額: 22,000

出典:さとふる

本格焼酎「三岳」は、世界遺産にも選ばれている自然あふれる屋久島の芋焼酎で、宮之浦岳、永田岳、黒味岳の三岳から命名されました。
鹿児島県産サツモイモを原料にして、日本の名水百選にも数えられる屋久島の豊かな自然が育んだ名水で仕込まれた長年地元で愛されている焼酎です。
その味わいは、軽快でクセがなく、それでいて芋焼酎ならではの独特な風味があり、澄み切った爽やかな飲み口です。
地元ではお湯割りが一般的ですが、それぞれの好みによりストレート、オンザロック、水割りでも楽しむことができます。
この商品は、そんな本格焼酎「三岳」の900ml×6本セットです。
屋久島の自然、太古の森林が育んだ良質の水で造られた本格焼酎「三岳」は味わい深く、毎日でも飲むことができる焼酎です。
全文表示
詳しく見る
7 奄美黒糖焼酎 「おぼらだれん」(900ml×3本)セット
奄美黒糖焼酎 「おぼらだれん」(900ml×3本)セット
寄付金額: 10,000

出典:楽天ふるさと納税

【商品説明】 「感謝」「ありがとう」を島口で「おぼらだれん」といいます。島を離れたあなたへ、懐かしいふるさと「徳之島」の地名や「おぼらだれん」の島口を後世に伝えたい思いでラベルにしました。ご自身や大切な方へ感謝の気持ちを贈りませんか。黒砂糖の甘い香りを楽しんで。黒糖焼酎は奄美群島のみの地域限定製造免許です。 (※黒糖焼酎は低カロリー糖質ゼロでお勧めです!) 【名称】焼酎 【内容量】 奄美黒糖焼酎「おぼらだれん」(アルコール度数25度)900ml×3 【原材料】黒糖、米麹 【保存方法】直射日光をさけて常温で保温 【賞味期限】開封後はお早めにお召し上がり下さい。 【製造者もしくは販売者】 秋丸酒店 鹿児島県大島郡徳之島町亀津7315 【原産国】日本 ・ふるさと納税よくある質問はこちら ・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。  「ふるさと納税」寄付金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。 寄付を希望される皆さまの想いでお選びください。 (1) 特産品の研究開発に関する事業 (2) 高齢者・障がい者の健康増進・福祉に関する事業 (3) 徳之島の環境・保全に関する事業 (4) 伝統文化の保存・継承に関する事業 (5) 教育・文化・スポーツの振興に関する事業 (6) 観光及び定住促進に関する事業 (7) その他町長がふるさとづくりに必要と認める事業 特徴のご希望がなければ、町政全般に活用いたします。 入金確認後、注文内容確認画面の【注文者情報】に記載の住所にお送りいたします。 発送の時期は、寄附確認後2ヵ月以内を目途に、お礼の特産品とは別にお送りいたします。
全文表示
詳しく見る
8 霧島酒造「赤・茜・黒」(25度) 3色厳選 900ml瓶 6本セット
霧島酒造「赤・茜・黒」(25度) 3色厳選 900ml瓶 6本セット
寄付金額: 20,000

出典:さとふる

いわずとしれた宮崎の人気焼酎「霧島」ブランドの中から定番とも言える「黒キリ」4本、「赤キリ」1本に加えて、数量限定のタマアカネを使った「茜」をチョイスした6本セット。
芋焼酎の代名詞としても有名な「黒キリ」は発売されて103年の歴史を持ち、黒麹で仕込まれたトロミのある甘味とキリッとしたキレの良さが魅力です。
「赤キリ」はムラサキイモを使用し、もろみが真紅になることを由来に名付けられたもので、華やかな薫りとしつこくない切れのある甘味が特徴の一本です。
「茜」はオレンジ芋タマアカネを使用していることもありますが、いわゆる花酵母を使用しているのが最大の特徴。
甘くてフルーティーそして華やかな香りをもつ今までとは別のスタイルの芋焼酎と言っていいでしょう。
スタイルの違う芋焼酎を楽しめる霧島三色セットです。
全文表示
詳しく見る
9 麦焼酎一升瓶飲みくらべ3本セット
麦焼酎一升瓶飲みくらべ3本セット
寄付金額: 15,000

出典:さとふる

九十九島を含む緑豊かな自然が美しい長崎県佐世保市からは、麦焼酎一升瓶飲み比べ3本セットという豪華な逸品をお届けします。
創業天明7年という老舗の梅ヶ枝酒造は、全国新酒鑑評会で金賞を含めて数々の賞を受賞しています。
地下300メートルから汲み上げる名水を使い、2台の蒸留機を駆使して、華やかな香りとどっしりとした味わいがある麦焼酎に仕上げています。
美しい琥珀色とまろやかな味わいが特徴の長崎っ子(25度)は、フランスより輸入したブランデーを貯蔵させた樽で麦焼酎を寝かせてつくられました。
華やかな香りのぎんた(25度)や、さっぱりとした口あたりの水車小屋(20度)も人気です。
どれも違う味わいで美味しくて、リピートしたいという人も多いでしょう。
全文表示
詳しく見る
10 指宿の焼酎蔵元全6蔵の代表銘柄900ml瓶呑みくらべAセット(900ml×6本)
指宿の焼酎蔵元全6蔵の代表銘柄900ml瓶呑みくらべAセット(900ml×6本)
寄付金額: 20,000

出典:さとふる

さつま芋の生産量日本一の鹿児島県の中でも、指宿温泉の名で知られる観光の街である指宿市で製造された焼酎蔵元6蔵の代表銘柄の飲み比べセットです。
6品の違いは米麹が白か黒かだけです。
それ以外は全て鹿児島県の名産のさつま芋を使用し、アルコール度数は25度です。
容量も900mlと統一されているのでそれぞれの酒の特徴や良さを比べ、自分の好きな焼酎の傾向を見つけたり新しいお気に入りを見つけたりするのに適しています。
甘味を感じる味わいの利右衛門(りえもん)、バランスのとれた純黒、スッキリとしたさわやかな辛口のさつま白露、深みのある利八(りはち)、口当たりがやわらかな薩摩乃誉、芳醇な味わいの本格派の養老伝説の特徴のある計6品。
全文表示
詳しく見る

焼酎の原材料による違いを解説

焼酎の主要な材料として有名なのが「芋」「麦」「米」の3種類です。また一部の生産者は「黒糖」「そば」等でも生産を行っています。材料別の特徴について解説していきます。

「芋焼酎」の特徴

芋焼酎はサツマイモを原料とした焼酎です。昔からサツマイモは南九州地方を中心に栽培がされていたため、芋焼酎の主な生産地域は九州地方です。また、麹は米麹が使われているものと、芋麹が使われているものがあります。芋麹が使われているものはまさに、100%さつまいもを原料とした芋焼酎と言えるでしょう。

商品の特徴としては、濃厚な甘みとコクと独特の匂いです。特に匂いは好き嫌いが分かれ、「焼酎は飲めるけど、芋焼酎は嫌い」という人も一定数います。しかし、近年では独特な匂いを抑えるために鮮度の良い芋を使う生産者が増え、匂いが抑えられる工夫がなされています。

「麦焼酎」の特徴

麦焼酎は麦を原料とした焼酎です。麦焼酎は全国的に生産が行われていることが特徴です。

商品の特徴としては、香りに癖がなく、飲みやすいことがあげられます。(商品によっては麦の香ばしい香りがあるものもありますが、万人受けする匂いです)焼酎が苦手という人は、まずは麦焼酎からトライしてみると良いでしょう。また癖がないため、カットレモンや梅干しを入れる飲み方にも適しています。

「米焼酎」の特徴

米焼酎は米を原料にした焼酎です。日本酒は米と麹を発行させて作るのに対して、米焼酎は他の焼酎と同じく蒸留して作ります。米焼酎は日本酒と同様に、日本海側で生産されることが多いです。

商品の特徴としてはスッキリとした中にほんのり甘みを感じられる飲み口が特徴です。フルーティな甘みは同じく米を原材料としている日本酒とも通じる部分があります。

「黒糖焼酎」の特徴

黒糖焼酎は黒糖を原材料にした焼酎です。主に奄美地方で生産されています。

「黒糖焼酎」と聞くと、とても甘いイメージを持つ方もいるかと思いますが、実際はそんなことはありません。ほんのりと黒糖の香りが感じられる程度でスッキリとしたお酒です。これは、焼酎が「蒸留」の過程を経て作られるため、糖分が含まれないためです。

「そば焼酎」の特徴

そば焼酎は、蕎麦と米を原料とした焼酎です。宮崎県がその発祥ですが、ソバの生産が盛んな長野県や北海道でも生産されています。

商品の特徴は、麦焼酎よりもさらにスッキリと軽い飲み口が特徴です。

「甲類」「乙類」の違いについて解説

焼酎は原材料に関わらず、「甲類」と「乙類」に分けられます。焼酎は蒸留することで製造されますが、その2つは蒸留の方法が大きく異なります。以下では、その違いについて解説します。

「焼酎甲類」とは

焼酎甲類は別名「連続式蒸留焼酎」と呼ばれ、連続式蒸留器を使って作られた焼酎のことを指します。連続式という名前の通り、何度も何度も連続して蒸留が行われます。主に大量生産される焼酎に使用される手法であり、サワー等に使われる焼酎はほとんどが甲類の焼酎となっています。

その結果として、原料本来の風味が失われてしまうという特徴があり、比較的安価で流通している焼酎です。

「焼酎乙類」とは

焼酎乙類は別名「単式蒸留焼酎」と呼ばれ、単式蒸留器を使って作られた焼酎のことを指します。単式という名前の通り、基本的には蒸留は1度のみ行われます。

そのため、原料本来の風味が残り、「芋」「麦」「米」などの材料ごとの違いを楽しむことができる焼酎となっています。甲類と比較すると高価な物が多いです。