返礼品掲載数No.1 ふるさと納税情報サイト
自治体インタビュー

【千葉県南房総市】ふるさと納税で体験!海の幸や山の幸、とれたて新鮮な食の宝庫

今回は千葉県南部、房総半島の南端に位置する南房総市の方にふるさと納税に関するインタビューをさせて頂きました。
房州びわや海産物などふるさと納税の返礼品の魅力についてや、道の駅など市内の見どころについてお伺いしました。

総務部企画財政課 松田 浩史(まつだ ひろし)さま
主にふるさと納税を担当。
所属している企画財政課はふるさと納税以外に、財政、公共交通、統計、国際交流などの仕事を担当

ふるさと納税に力を入れようと思った背景

平成27年から、お礼の品を取り扱うようになりました。
市内には1次産業の事業者や、食品加工の事業者が多くあり、産業振興を目的として力を入れ始めました。

ふるさと納税でどのような効果があったか

南房総市では事業者さんを対象に毎年アンケート調査を実施しているのですが
「ふるさと納税のお礼の品提供事業者として登録している理由はなんですか」という問いに対しての回答に変化がありました。

平成27年にお礼の品を取り扱い始めた当初は、事業者さんの回答で一番多かったのが「市の事業に協力したい」というもので、自発的にPRツールとして活用することはあまりありませんでした。

平成29年ごろから、「収益が上がっているから」という回答と合わせて「ふるさと納税を使ってPRしたい商品がある」という回答も増え、自身の店舗でも取り扱っていなかった新商品を開発する機運が出てきました。

毎年1回ですが、事業者さんを対象とした勉強会を開催しています。勉強会の内容も「今どんな課題を抱えているか」「どんな情報を知りたいか」をアンケートの回答を基にして開催しています。

補助金等で商品開発をするのではなく、配送することで利益を受け、配送先からのアンケートを参考にブラッシュアップをする流れが生まれてきました。

実際に寄付金はどのような形で利用されているか

寄附をいただいた翌年に、申込時に選択した使いみちにあわせて活用しています。
例えば、小児ぜんそくだけに特定し活用していた医療費助成事業が、今は予算額が増え小児ぜんそくを含めた中学生までを対象に医療費助成をできるようになりました。

人気の返礼品について

びわ

全国でも取り扱っている自治体が少なく、房州びわというブランド力や、収穫期が1カ月強と短いことからレアなフルーツとして高い人気があります.

海産物

サザエ伊勢海老などの海産物も「南房総」という地域のイメージに合っていると思います。

豊洲市場でも高値で取引され、千葉県も認定ブランド品に指定している「房州黒あわび」も南房総市ならではの品だと思います。
全国の皆さんが、南房総市に持っているイメージに応えられる産品をお届けできればと考えています。

南房総市の返礼品一覧はこちら

観光名所や見所について

市内に道の駅が8か所あり、数は全国一です。道の駅でお礼の品にはない品を探していただくのもいいと思います。

夏の時期は、海水浴にも来ていただきたいです。

また、毎月第一日曜日に開催している「朝市」がありますが、こちらにも是非お越しいただきたいです。
この朝市の出店者は、ふるさと納税のお礼の品を取り扱っている事業者が多く、事業者に直接会ってお話ししていただきたいです。

編集後記

筆者は幼少期に、家族で毎年のように千葉の白浜海岸に旅行に行っていました。
海も砂もきれいで、魚やヤドカリ、カニがたくさんいて、本当に楽しかったのをよく覚えています。

返礼品でも人気のサザエ伊勢海老はとても新鮮で、メロンやいちごも美味しく、大好きな旅行先でした。
そんな南房総市から届く海産物は、これ以上なく魅力的な返礼品だと思います。
また家族で、南房総の海に行きたくなってきました。

自治体担当者108名が厳選!ふるさと納税 おすすめの返礼品ふるさと納税の返礼品、美味しいものを選びたい時は地元の方のおススメを聞くのが一番! 人気の自治体に直撃インタビューを実施しました。 各担当者が厳選した名産品に加えて、寄付金の使い道や観光スポットもご紹介...
ABOUT ME
ふるさと納税ガイド編集部
ふるさと納税の魅力を分かりやすく情報発信することを目指しています。返礼品が届いた時の感動を、1人でも多くの人にこの感動を味わってほしいです。「ふるさと納税体験談」は実際にふるさと納税を利用し、返礼品を楽しんだ方々の感想をそのままお届けする企画です。
有名ふるさと納税サイトの完全比較ガイドを公開中!!

7つの有名ふるさと納税サイトをすべて使った経験を持つ「ふるさと納税専門家」が解説する完全比較ガイドを公開中です。

詳しくはこちら