返礼品掲載数No.1 ふるさと納税情報サイト
データでわかるふるさと納税

受け入れ寄附金額の推移でわかる、ふるさと納税 人気自治体の歴史

2020年8月5日発表の最新データを元に記事を執筆しています。

ふるさと納税による寄付を受け付けている自治体は日本全国で1787自治体あります。(2019年8月2日時点)しかし、ふるさと納税にどの程度力を入れているかは自治体によって異なり、魅力的な返礼品を用意している自治体とそうでない自治体があります。

また、2008年から始まったふるさと納税は度重なる制度変更により人気の自治体が大きく変化していったことも特徴の一つです。

今回は、ふるさと納税の寄付金の受け入れ額の推移を元に、人気の自治体を発表するとともに、それがどのように変化していったのか発表していきます。なお、本データは総務省が公表している資料を引用しています。

ふるさと納税の受け入れ寄附金額の推移

まずはふるさと納税の受け入れ寄附金額と受け入れ件数の推移を見ていきましょう。

2008年から始まった2011年に東日本大震災の災害支援の一つの形として注目を浴び、その後2012年のふるさとチョイスOPEN、2014年のふるなび、さとふるOPENといった複数のふるさと納税サイトの開設によって世間一般への認知が広がっていきました。その後、2015年の制度改正により控除限度額が2倍になった後の返礼品競争の激化により一気に受け入れ寄附金額が増加していきました。

2019年には3割ルールの厳正化により受入金額は7年ぶりに減少に転じましたが、受け入れ件数は増加しており、世間一般的には更に浸透・定番化を続けているという状況で、今後もさらなる市場規模の拡大が予想されています。

ふるさと納税ガイドではふるさと納税の歴史を次の3つに分けて解説することができると考えています。

  • 2008年-2010年 黎明期
  • 2010年-2014年 成長期
  • 2015年-2019年 発展期

それぞれの時期についてどのような自治体が受入金額が大きかったのかということを順に見ていきましょう。

ふるさと納税黎明期:政令指定都市にふるさと納税が集中【2008年-2010年】

2008年に始まったふるさと納税ですが、始まった当初は「返礼品」を用意していない自治体も数多く存在しました。また、ふるさと納税という言葉自体が世間一般に認知されておらず、高額所得者を中心に一部の人のみしか行っていませんでした。

また、ふるさと納税サイトも存在しなかったため、より良い返礼品を選ぶという行為やふるさと納税の手続きも難しい時代でした。

そのため、東京都の各自治体や地方の政令指定都市などが受入金額の上位を独占しており、地方の小さな自治体は全く寄付金が集まらない状態でした。

2008年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位自治体名受け入れ寄附金額
第1位東京都府中市6億6194万9千円
第2位広島県広島市6億2914万8千円
第3位北海道札幌市3億9780万1千円
第4位東京都杉並区3億2871万2千円
第5位東京都文京区1億1841万3千円
第6位兵庫県神戸市1億1284万2千円
第7位長野県飯山市1億0993万4千円
第8位大阪府大阪市1億0866万6千円
第9位神奈川県厚木市1億0722万9千円
第10位千葉県木更津市1億0709万9千円

2009年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位東京都府中市5億7766万4千円
第2位1↑北海道札幌市5億1441万9千円
第3位1↓広島県広島市1億9871万9千円
第4位New!岐阜県岐阜市1億4842万2千円
第5位東京都文京区1億2846万9千円
第6位2↑大阪府大阪市1億1256万9千円
第7位New!東京都足立区1億0329万9千円
第8位New!佐賀県神埼市1億0297万5千円
第9位New!福岡県大野城市1億0168万6千円
第10位New!三重県四日市市1億0001万5千円

2010年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位New!東京都品川区15億2245万8千円
第2位New!兵庫県神戸市11億5670万1千円
第3位2↓東京都府中市5億0223万4千円
第4位2↑大阪府大阪市2億1427万2千円
第5位New!東京都三鷹市2億1322万2千円
第6位New!東京都世田谷区1億3031万8千円
第7位New!東京都目黒区1億1961万7千円
第8位3↓東京都文京区1億1848万8千円
第9位New!千葉県千葉市1億1708万9千円
第10位6d岐阜県岐阜市1億0514万5千円

2010年は東京都の自治体が6個、政令指定都市が3個(神戸市、大阪市、千葉市)と、大きな自治体への寄附金額の集中が最も見られた年でした。

ふるさと納税成長期:義援金としてのふるさと納税や魅力的な返礼品が増える【2011年-2014年】

2011年には東日本大震災が起こり、東北地方を中心にその被害が連日大きく報道されました。ふるさと納税は被災地をサポートする仕組みとして注目を浴び、ふるさと納税の認知度が広がる最初のきっかけとなりました。(2011年:岩手県釜石市、福岡県相馬市など)

また2012年9月にはふるさと納税サイトの老舗「ふるさとチョイス」がオープンしました。また、2014年7月には「ふるなび」が、2014年10月には「さとふる」がそれぞれオープンしました。寄付する自治体を「返礼品で選ぶ」という文化が世間一般に徐々に浸透し始めたのもこの時期です。

2011年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位New!岩手県釜石市20億6406万1千円
第2位New!福島県相馬市6億2777万3千円
第3位東京都府中市4億4357万7千円
第4位New!福岡県大野城市3億0131万0千円
第5位New!北海道網走市2億6831万7千円
第6位New!宮城県山元町2億1666万4千円
第7位New!東京都調布市1億6275万3千円
第8位東京都文京区1億3352万3千円
第9位New!東京都大田区1億0416万8千円
第10位New!北海道札幌市1億0033万0千円

2011年は東日本大震災の影響により岩手県釜石市が圧倒的な寄附金額を集めました。

2012年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位2↑東京都府中市4億2959万1千円
第2位New!東京都荒川区3億1193万4千円
第3位New!愛知県名古屋市2億8954万7千円
第4位3↓岩手県釜石市2億1442万4千円
第5位New!東京都杉並区1億7438万9千円
第6位New!千葉県流山市1億7099万7千円
第7位New!福岡県宗像市1億5725万2千円
第8位New!東京都葛飾区1億5467万8千円
第9位1↓東京都文京区1億5390万1千円
第10位New!岐阜県岐阜市1億3151万5千円

2013年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位New!東京都三鷹市4億2978万9千円
第2位1↓東京都府中市3億7569万5千円
第3位New!群馬県高崎市3億1443万1千円
第4位1↓愛知県名古屋市2億9379万8千円
第5位New!鳥取県米子市2億7924万1千円
第6位New!長野県阿南町2億6544万4千円
第7位New!佐賀県玄海町2億4859万4千円
第8位New!宮崎県綾町2億4732万8千円
第9位New!北海道上士幌町2億4350万3千円
第10位New!大阪府大阪市1億8793万1千円

2013年は鳥取県米子市や佐賀県玄海町など、2020年現在でも人気の返礼品を数多く出す自治体がランクインし始めました。2012年のふるさとチョイスOPEN以降、返礼品で自治体を選ぶ傾向が見始められた年であったことがわかります。

2014年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位New!長崎県平戸市14億6259万7千円
第2位5↑佐賀県玄海町10億6663万0千円
第3位6↑北海道上士幌町9億5716万9千円
第4位4↑宮崎県綾町9億4396万8千円
第5位New!山形県天童市7億8087万5千円
第6位New!島根県浜田市7億2699万2千円
第7位New!長野県飯山市6億2547万3千円
第8位New!佐賀県小城市5億1196万2千円
第9位New!宮崎県都城市4億9982万3千円
第10位5↓鳥取県米子市4億7569万0千円

2014年はふるさと納税の大人気自治体の一つである宮崎県都城市がTOP10入りを果たした年です。宮崎県都城市はこの年から受入金額を増やし続け、累計受け入れ寄附金額で第3位となっています。

ふるさと納税発展期:返礼品競争が加熱しふるさと納税ブーム到来【2015年-2019年】

2015年の制度改正によりふるさと納税の控除限度額が2倍になったことを受け、ふるさと納税に対する世間の注目度が一気に増し、ふるさと納税ブームが巻き起こりました。ふるさと納税サイトの数もどんどんと増え、返礼品競争が加熱したのもこのタイミングです。

ふるさと納税の受入金額も大きく増加していく一方、ふるさと納税に力を入れている自治体とそうでない自治体の格差も広がっていき、返礼品に関する規制が検討されることとなりました。

2015年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位8↑宮崎県都城市42億3123万4千円
第2位New!静岡県焼津市38億2558万2千円
第3位2↑山形県天童市32億2784万4千円
第4位New!鹿児島県大崎町27億1964万2千円
第5位New!岡山県備前市27億1568万6千円
第6位New!長崎県佐世保市26億4759万7千円
第7位6↓長崎県平戸市25億9978万5千円
第8位New!長野県伊那市25億8262万7千円
第9位New!佐賀県上峰町21億2996万0千円
第10位New!島根県浜田市20億9357万3千円

2015年は「干物」の返礼品が有名な静岡県焼津市、「うなぎ」の返礼品が有名な鹿児島県大崎町などがTOP10入りをしています。

2016年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位宮崎県都城市73億3316万1千円
第2位New!長野県伊那市72億0469万3千円
第3位1↓静岡県焼津市51億2128万1千円
第4位New!宮崎県都農町50億0869万5千円
第5位4↑佐賀県上峰町45億7329万2千円
第6位New!熊本県熊本市36億8631万0千円
第7位New!山形県米沢市35億3099万3千円
第8位New!大阪府泉佐野市34億8358万2千円
第9位6↓山形県天童市33億5754万9千円
第10位New!北海道根室市33億0743万4千円

2016年は大阪府泉佐野市がふるさと納税に力を入れだした年です。大阪府泉佐野市は2018年までのデータで累計受け入れ寄附金額が全国の自治体で第1位となりました。

2017年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位7↑大阪府泉佐野市135億3250万9千円
第2位2↑宮崎県都農町79億1481万9千円
第3位3↓宮崎県都城市74億7422万0千円
第4位New!佐賀県みやき町72億2354万2千円
第5位佐賀県上峰町66億7227万0千円
第6位New!和歌山県湯浅町49億5128万2千円
第7位New!佐賀県唐津市43億8888万0千円
第8位2↑北海道根室市39億7334万6千円
第9位New!高知県奈半利町39億0563万9千円
第10位New!静岡県藤枝市37億0814万8千円

2017年は大阪府泉佐野市が魅力的な返礼品で圧倒的な寄附金額を集めました。また、この年に上位になった10自治体のほとんどが、現在も多くの寄附金額を集める人気自治体となりました。

2018年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位大阪府泉佐野市497億5290万6千円
第2位New!静岡県小山町250億6297万2千円
第3位New!和歌山県高野町196億3706万7千円
第4位佐賀県みやき町168億3383万5千円
第5位3↓宮崎県都農町96億2697万7千円
第6位3↓宮崎県都城市95億6234万9千円
第7位New!大阪府熊取町76億4042万7千円
第8位New!茨城県境町60億8253万7千円
第9位New!北海道森町59億0885万2千円
第10位5↓佐賀県上峰町53億1776万5千円

2018年はAmazonギフト券やHIS旅行券など、金券類を返礼品として用意した自治体が大きく受け入れ寄附金額を増やし、TOP10入りを果たした年となりました。なお、金券類を返礼品として用意することは、2019年6月の制度改正により明確に禁止となり、現在では返礼品として金券はありません。

2019年:ふるさと納税受け入れ寄附金額TOP10

順位昨年比較自治体名受け入れ寄附金額
第1位大阪府泉佐野市184億9691万7千円
第2位4↑宮崎県都城市106億4534万0千円
第3位New!北海道紋別市77億3769万4千円
第4位New!北海道白糠町67億3338万9千円
第5位New!北海道根室市65億8910万6千円
第6位1↓宮崎県都農町52億0833万8千円
第7位3↑佐賀県上峰町46億7214万4千円
第8位New!鹿児島県南さつま市46億4419万9千円
第9位New!山形県寒河江市44億2340万9千円
第10位5↓新潟県燕市42億3720万2千円

2019年6月の「返礼品は調達割合3割以下、地場産品に限る」というルールの厳格化によりふるさと納税の情勢は大きく変化しました。僅かな期間ですが、Amazonギフト券を注目点として押し出した泉佐野市が1位を獲得した以外は、海鮮類のラインナップが豊富な北海道、肉類を中心に魅力的な返礼品が多い九州がランキングをほぼ独占する結果となりました。

また、ふるさと納税の寄付先の多様化が進み、上位10位の自治体が受入金額全体に占める割合は大きく低下しました。

まとめ:総受入金額から見る人気自治体ランキング(2008年-2018年)

順位自治体名受け入れ寄附金額
第1位大阪府泉佐野市184億9691万7千円
第2位宮崎県都城市106億4534万0千円
第3位北海道紋別市77億3769万4千円
第4位北海道白糠町67億3338万9千円
第5位北海道根室市65億8910万6千円
第6位宮崎県都農町52億0833万8千円
第7位佐賀県上峰町46億7214万4千円
第8位鹿児島県南さつま市46億4419万9千円
第9位山形県寒河江市44億2340万9千円
第10位新潟県燕市42億3720万2千円

ふるさと納税が開始された2008年から各自治体の受入金額が公表されている最新の2019年データまでを元に、ふるさと納税の累計の受け入れ寄附金額のランキングを作成したら以上のようになりました。

大阪府泉佐野市を除くと、ウニやイクラを中心とした海産物に強みを持つ北海道の自治体、牛肉や豚肉に強みを持つ九州の自治体がランキングをほぼ独占する結果となりました。一方、さくらんぼなどのフルーツが人気の山形県寒河江市、家電のラインナップが非常に豊富で人気のある新潟県燕市が新規にランクインする結果となりました。

ふるさと納税を誰もが当たり前に行う時代に

2020年のデータはまだ発表されていませんが、ふるさと納税を行うことは、もはや定番になりつつあり、更に多くの人にその魅力が広がっています。

ふるさと納税の返礼品に関するルールが厳格化されましたが、それでも消費者にとって大変お得な制度であることは多くの人に認知されており、もはや「ふるさと納税を行うことは当たり前」の時代となりました。

まだふるさと納税をやったことがないという方は、これからより「当たり前」になっていくであろうふるさと納税をこのタイミングで始めてみてはいかがでしょうか?

2020年最新のふるさと納税返礼品還元率ランキングはこちら

ABOUT ME
執筆者紹介/ふるさと納税専門家 飛田啓介
2013年からふるさと納税を行っているふるさと納税マニア。ふるさと納税紹介サイトを複数使い分け、最もグラム数の多い返礼品を探すのが趣味。結婚後は妻だけでなく、両親のふるさと納税手続きも代行している。 ふるさと納税に関する正しくお得な情報を発信するため、「ふるさと納税ガイド」に掲載されている40万件の返礼品情報を元に日々研究中。